新古書店の買取

新古書店の買取方法はどこが違うか

近年は街の古本屋もすっかり様変わりして、いわゆる新古書店と呼ばれるチェーン店が主流になっています。店内は広くて明るく、本もきれいなものばかりで、新刊書店と見まがうばかりです。 こうしたお店が昔ながらの古書店と違うのは店の雰囲気だけではありません。価格設定にも大きな違いがあります。実際に店頭に行ってみればわかりますが、ほとんどの書籍が定価の半額程度か1冊100〜200円の一律価格となっています。つまり、本の内容などには一切考慮が払われていないのです。当然それは買取価格にも反映されます。本そのものの価値でなく、定価や汚れの有無などを基準に機械的に価格が決められています。したがってこうした店に古書買取を依頼すると、実際は非常に貴重な本なのにその価値が正しく評価されずに低い値段しか付かないことがあるので注意が必要です。

本の価値をきちんと評価

では貴重なものかも知れない本はどこで買い取ってもらったらいいかというと、選択肢としては稀覯本を扱う昔ながらの古本屋があります。しかしこうしたタイプの店は数が減っていて、家の近くにあるとは限りません。 そこで活用したいのが、ネットの古書買取業者です。ネットの買取業者なら全国どこからでも古書買取の依頼が可能です。本の持ち込みも宅配便などで受け付けているところが大半なので、自宅にいながらにして売却が可能です。 さらにこうした業者は古書買取の相場に通じているので、それぞれの本に対して機械的でない、きちんとした評価をしてくれます。 最近はこうした専門業者が全国で営業を行っています。本の量が多いときは出張買取をしてくれるところもあります。